新生銀行カードローンレイクの審査基準

カードローンを利用するには、必ず審査に合格しなければいけません。いくら魅力的なカードローンを見つけても、審査に合格しなければ利用することはできません。

 

カードローンの審査基準は各社異なっています。一般的に「銀行カードローンは審査が厳しい」「消費者金融カードローンは審査が緩やか」であるといわれています。

 

たしかにそのような面があるのは間違いないでしょう。ただしカードローンの審査を受ける場合のポイントは、銀行カードローンであっても消費者金融カードローンであってもそれほど違いはありません。

 

新生銀行カードローンレイクの審査ポイント

レイクは銀行カードローンですが、もともとは消費者金融の商品でした。そのため審査基準の面でも消費者金融側の傾向が強いといわれています。それでも抑えておくべきポイントは各社とあまり違いはありません。

 

そのポイントは次の2点です。

 

安定した収入

ひとつめのポイントが「安定した収入」です。「安定した収入」とは収入が多ければいいというわけでもありません。借入希望金額に応じた収入が、継続的に見込むことができるかどうかというのがポイントとなります。逆にいえば収入自体が少なくても「安定している」と判断されると、それなりの金額が利用できるということです。

 

そのためレイクでは収入が少ないパートやアルバイトの方でも利用可能としています。ただし無職の方や専業主婦は利用することができません

 

収入金額については「年収200万円以上」がひとつの目安となっているようです。ただし200万円以上であっても「安定」していなければ審査でも不利となりますので注意しましょう。

 

「安定した収入]を判断する材料が「勤務先」となります。公務員や大企業に勤務している方であれば、その収入も安定しているといえるでしょう。一方零細企業勤務や個人事業主などは、収入の安定面では不利となります。

 

個人信用情報

もうひとつのポイントが「個人信用情報」です。現在の借入状況・過去の借入状況・金融事故などが判断材料となります。「個人信用情報」に問題がある場合には、まず審査に合格することはできません。

 

レイクは銀行カードローンですので、いわゆる「総量規制」の対象外です。借入総額が年収の「3分の1」という制限を受けません。ただし個人信用情報で他社の借入金額・借入件数が多いことが確認されれば、それだけ審査でも不利となります。借入総額が年収の3分の1以下であっても、借入件数が3件以上であれば合格することが難しいといわれています。

 

過去の借入返済に遅れが生じている情報、過去に自己破産などの金融事故を引き起こしている情報などは、それだけでまず審査は不合格となるでしょう。これらの情報は5~10年間は個人信用情報に記録されますので、この期間のカードローン利用はまず不可能となります。

 

新生銀行カードローンレイクの在籍確認

通常カードローンの審査では「在籍確認」が行われます。申込時に申告された勤務先が正しいことを確認するのが「在籍確認」です。万が一退職していたり、嘘の勤務先を申告していたりすると、借入後の返済にも支障を与える危険性が高いために行われる作業です。

 

「在籍確認」は審査担当者が勤務先に電話をかける方法で行われます。この際会社名を名乗らずに、個人名で電話がかかってきますので、周囲にカードローンの利用がばれる心配はありません。レイクの場合は勤務先だけでなく、自宅へも確認の電話がはいることがあります。この場合でもレイクの名前を出すことはありませんので安心しておきましょう。