新生銀行カードローンレイクの金利

カードローンを利用する場合、一番気になるのが金利の問題でしょう。カードローンは基本的に無担保・無保証の資金使途が自由な個人ローンです。有担保・有保証・資金使途特定の他の個人ローンに比較すると適用金利が高くなる傾向にあります。

 

そのためカードローンの利用の際には、金利の仕組みとともにしっかり比較するようにして、できるだけ自分にあった先を探し出すようにしましょう。

 

新生銀行カードローンレイクの金利について

レイクの適用金利は「実質年利4.5%~18.0%」です。

 

適用される金利は申込の後の審査で決定されます。審査により返済リスクが低いと判断されると低い金利が適用されます。逆に不合格とはいかないまでも、返済リスクが高いと判断されると適用される金利も高くなります。なお適用金利は契約額によっても異なる仕組みになっていますので注意しましょう。

 

契約額200万円以内の場合

契約金額200万円以内では、利用中の借入残高により適用金利が異なります。適用される金利は、基準残高(初回契約日以降の借入残高の最高額)に達した日に変更され、一度でも借入残高が100万円以上になると、その後の返済により100万円未満になった場合でも金利は変更されません

 

基準残高100万円未満

実質年利15.0%~18.0%

基準残高100万円以上

実質年利12.0%~15.0%

 

つまり1度でも借入残高が100万円以上になると、その後の金利が引き下げられる可能性もあるということです。利用中の適用金利はホームページの会員ページから確認することができます。

 

契約額200万円超の場合

契約金額により適用される金利が異なります。

 

契約金額200万円超300万円以下

実質年利9.0%~15.0%

契約金額300万円超400万円以下

実質年利7.0%

契約金額400万円超500万円以下

実質年利4.5%

 

他社との比較

銀行系カードローン
住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース)

実質年利1.89%~7.99%

みずほ銀行カードローン

実質年利3.5%~14.0%

三井住友銀UFJ行カードローン

実質年利4.0%~14.5%

 

消費者金融系カードローン
オリックスVIPローンカード

実質年利3.0%~16.8%

プロミス

実質年利4.5%~17.8%

アコム

実質年利3.0%~18.0%

 

 

レイクの「実質金利4.5%~18.0%」と比較してみると、レイクが銀行カードローンのわりには高い金利であることがわかります。もともと消費者金融であったレイクは、金利面でも消費者金融に近い傾向があるといえるでしょう。低金利を求めるのであれば、他行のカードローンが優れているといえそうです。

 

 

ちなみにレイクの遅延損害金は「実質年利20.0%」です。法律で定めることのできる最上限金利となっています。日割りで計算されますので、わずかな遅れでも大きな負担となります。返済が遅れることで様々な支障が生じますので注意しましょう。