新生銀行カードローンレイクの返済方式と返済方法

カードローンの利用前には必ず「返済方式」「返済方法」の2つを確認しておきましょう。

 

済方式」とは「毎月の返済金額がどのように決定されるか」ということです。
一方「返済方法」とは「毎月どのように返済していくのか」ということです。

 

とくに急いでいる方は、どうしても借入のことばかりに頭が働いてしまい、返済についておろそかになりがちです。しかしこれらの点を確認しておかないと、思いもかけない失敗を招くこともありますので注意しましょう。

 

新生銀行カードローンレイクの返済方式

レイクの返済方式は「残高スライドリボルビング方式」「元利定額リボルビング方式」の2つです。いずれか好きな方を選択できるようになっています。

 

残高スライドリボルビング方式

利用残高に応じて毎月の返済金額が段階的にスライドしていきます。借入時の借入残高に応じて毎月の返済額が決定され、返済金額の中には利息が含まれています。基本的に借入残高が減るとともに毎月の返済額も少なくなっていきます。

 

例えば実質年利18.0%の場合の毎月の返済額は次の通りです。

 

借入残高1~100,000万円

返済額3,000円

借入残高100,001~200,000円

返済額5,000円

借入残高200,001~300,000円

返済額7,000円

借入残高300,001~400,000円

返済額9,000円

借入残400,001~500,000円

返済額12,000円

借入残高500,001~600,000円

返済額15,000円

借入残高600,001~700,000円

返済額18,000円

借入残高700,001~800,000円

返済額20,000円

借入残高800,001~900,000円

返済額23,000円

借入残高900,001~999,999円

返済額25,000円

 

元利定額リボルビング方式

借入利用残高にかかわらず、毎月一定額を返済していく方式です。返済金額は契約時の借入限度額により決定され、返済額の中に利息が含まれています。

 

返済額が変わりませんので、基本的に残高スライドリボルビング方式よりもはやく完済できることになります。

 

新生銀行カードローンレイクの返済方法

レイクの返済方法は、次の4種類です。

 

WEB返済

インターネット支払システム「Pay-easy(ペイジー)」を利用した返済方法です。24時間365日、手数料無料で利用することができます。銀行やゆうちょだけでなく、信用金庫や農協などの様々な金融機関に対応しており、自宅に居ながら返済を済ませることが可能です。

 

ただしインターネットバンキングを利用できる金融機関に限られますので注意しましょう。

 

ATM返済

レイクATM及び提携ATMを利用した返済方法です。
いずれも手数料無料で利用することができます。

 

口座引落

毎月14日または27日が返済日となり、自動的に引落されます。手数料は無料ですが、口座残高不足には注意しましょう。

 

銀行振込

レイク指定の口座に振込を行います。
振込手数料は利用者負担となりますので注意しましょう。